ミュゼvライン

MENU

ミュゼのVライン脱毛の料金は?

ミュゼのVライン脱毛は、料金の安さが大きな魅力です。
他サロンでは、20,000円以上というところが多い中、ミュゼでは、平日12時〜18時に通える「デイプラン」では4回で15,000円、8回で30,000円、いつでも通える「レギュラープラン」では4回で18,000円、8回で36,000円となっています。
どちらのプランも8回以上の場合、ミュゼ公式アプリをダウンロードすれば半額になるので、かなりリーズナブルであり、人気が高いため、予約を取るのが大変だということです。
支払いは、カード払いや分割ローンも利用できるので安心ですね。


ミュゼプラチナムの詳細はこちら

 

 

ミュゼのVライン脱毛の範囲は?

ひと口にVラインといってもサロンによってVラインの捉え方がマチマチなので、選ぶときにはしっかりと確認しておく必要があります。

 

多くのサロンでは下着からはみ出る部分のみをVラインと認識しており、ミュゼのVラインも、下着からはみ出す両サイドの部分としています。
中にはトライアングル上下とVラインすべてを1セットにしているところもありますが、
その分、料金が高くなってしまいます。
ミュゼではトライアングル上、トライアングル下、Vラインに分かれており、それぞれ組み合わせて選んで脱毛できるので便利です。
また、トライアングル部分は、好みに合わせて、薄くしたり、デザインを楽しんだりもできるので、安心です。

 

 

ジェルと光の相乗効果 S.S.C脱毛

ミュゼの脱毛はS.S.C式(スムーススキンコントロール式)と呼ばれるもので、 レーザー式やニードル式とは脱毛方法や痛み、時間、お肌のダメージ、料金などが異なります。
ジェルの上から光を当て、ジェルに含まれる美肌成分の効果によって照射後2週間ほどすると自然に毛が抜け落ちるしくみです。
これを繰り返し行うことで脱毛と同時にツルスベお肌が手に入れられます。
レーザー脱毛ではゴムで弾かれるような痛みがあり、両ワキの脱毛に10分ほどかかりますが、
S.S.C式では痛みは最初の一瞬に軽く感じる程度で、両ワキ3分で脱毛が可能です。
また、火傷やシミができる心配もまったくなく、料金もリーズナブルなところが魅力です。

 

 

vラインにはどんなデザインがあるの?

Vラインのデザインはいくつかあります。
まず、「逆三角形」は、おへそ側を底面にしてIラインに向かって逆三角形の形でVラインの両サイドを処理するとできる簡単なデザインなので初心者にもおすすめです。
この逆三角形の底辺部分をV字にカットすると「ハート型」になり、遊び心のあるデザインが楽しめます。また、「海苔」というのは、逆三角形の底面を点ではなく辺で残し、縦型の長方形の形にしたものです。Iラインを処理しないで自然な形が好みの人に向いています。
海苔をさらに細くしたものが「滑走路」であり、お腹の真ん中に細長く毛を残し、Iラインにつなげていきます。日本よりも海外で人気のデザインです。
デザインではなく、全体的に薄くすることも可能なので、最初のカウンセリングで希望を伝えましょう。 状態によっては、他のデザインをおすすめされることもあるようです。

 

 

ミュゼで脱毛するとき下着はつけたままでいいの?

Vライン脱毛するときは、サロンで用意された専用の紙パンツを着用し、 脱毛するときは、仰向けに寝て、ショーツを少しずつずらしながらすすめていきます。 ですから、IラインやOラインに比べてVラインはそれほど恥ずかしさはないようです。

 

「それならミュゼでvライン脱毛してみようかな」と思ったら、まずは無料カウンセリングの予約をしましょう。
無料カウンセリングでは脱毛で気になる事や心配な事があれば何でも相談できるのでさらに安心してvライン脱毛に臨めます。

 

まず、予約方法として公式サイトから無料カウンセリングのバナーをクリック。
予約フォームで必要事項を記入して無料カウンセリングの予約をしますが、ここで1つ注意が必要!
公式サイトが主にワキ脱毛の内容になっているので「ワキ脱毛しかできないの?」と思ってしまう方も多いのですが、
予約フォームにはvライン脱毛が選べる『ご希望部位』の欄があるので、そこでvラインにチェックを入れましょう!
これで無料カウンセリング予約は完了!当日を楽しみに待つだけです♪